ITエンジニアにも花束を

ITエンジニアのための情報を配信

RAIDが組める外付けハードディスクを買って大切なデータをバックアップしよう

2016年2月5日 by Posted in: パソコン

私には5歳の娘がいますが、娘が生まれてからこれまでに撮ってきた色々な写真や動画を家族揃って振り返って見ることもあります。
そんなとき、もしハードディスク(以下「HDD」とします)が物理的に壊れてしまって、大切なデータが消えてしまった!ということがあったら相当ショックを受けるのは目に見えています。

そのため、私は普段使っているパソコンのHDDのほかに、外付けのHDDにもバックアップをしています。
しかも外付けのHDDは、2台のHDDに同じデータを同時に書き込むRAID1(レイド1と呼びます。ミラーリングともいいます)という方式が使えるHDDを購入して、そこにもバックアップをとっています。
なかなか贅沢な使い方ですが、データが消えてショックを受けるよりはよっぽどマシです。

過去に一度、RAID1を組んでいたうちの片方のHDDが壊れたことがありましたが、もちろんもう片方でデータは保存されているので消えませんでしたし、すぐ代替のHDDを購入して両方のHDDを同期させて元通りです。
皆さんも消えてほしくない大切なデータを保存している場合は、ぜひRAID1のHDDを購入してバックアップをとることをお勧めします。
ちなみにRAID1が組めるHDDは普通の電機屋さんだとなかなか売っておらず、PC専門店に行かないと見つからないかもしれませんのでご注意下さい。